FC2ブログ

かわらのこいし

アコギ&ピアノ弾き語り夫婦デュオ 河鹿の日々

ここんとこ連日WCP各試合の感想なんかを書いているけれど、今日はちょっと目先を変えてみたい。

だいたい各試合の度に地図帳開いて、出場国を調べたりするんだけど、いろんな事気付かされるし、面白いなって思う事、沢山ある。
地理だけじゃなくて、歴史や政治的な事、民族学的な事も。
今気付いた事だけでも、ちょっと書き並べてみると・・・

日本って意外と広い。EUの強豪国でも、日本よりはるかに小さい国は沢山ある。
そして人口も多い。アメリカの約半分。少子化とか言われてるけど、面積にしたら相当多いよな~。
民族と言う面で各国代表を見ても、多民族の国もあれば、単一の民族だけの国もある。
フランス代表なんて、殆ど黒人ばっかだし、イングランドも黒人多い。
逆にアンゴラなんかは白人っぽい選手が意外と多い。
今回は出場してないけど、南アフリカも白人多かったな。
この辺は歴史的な事情が影響してるんだろうな。
日本はここんとこ毎回、帰化ブラジル人がメンバーに入ってるけど、韓国ってそう言うの聞かない。
次世代の日本は、更に混血系が増えそうだ(トゥーリオとか、カレンとか、ハーフナーとか)。
各国サポーター達を見ても、国民性とかわかるよね。

めんどくさいんでこの位にしとくけど、WCPって、ほんとに良い社会勉強になると思う。
中高生こそ、そう言う目でWCPを見て欲しいね。
試験には出ないと思うけど・・・。
スポンサーサイト



2006.06.20 23:28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |