FC2ブログ

かわらのこいし

アコギ&ピアノ弾き語り夫婦デュオ 河鹿の日々

子供の頃、はじめて食べたハンバーグは「マルシン ハンバーグ」だった。
だから、「マルシン ハンバーグ」の味こそが僕にとってハンバーグの味だった。
ある日、母親に「夕飯、何食べたい?」と聞かれて、「ハンバーグ」と答えた。
そして出されたのは、いわゆる普通のハンバーグ。
「マルシン ハンバーグ」がハンバーグと思ってた僕はガクゼンとした。
「これは・・・、違う!これはハンバーグじゃない!!」母親に訴えたものの、「何言ってるの、ハンバーグだよ」とあっさりかわされた。
・・・悲しかった。
それ以来「マルシン ハンバーグ」を食べたい時には、「マルシン ハンバーグを食べたい」とはっきり区別するようになった。
・・・少年時代の切ない(笑)思い出です。
今でも「マルシン ハンバーグ」を食べると当時の事を思い出します。
スポンサーサイト



2006.03.12 23:27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(2) |